ママリュクス式骨盤矯正

ママリュクスとは?

産前産後ケア専門資格になります

ママの笑顔はこどもの笑顔

mama(ママ)をluxe(優雅)にという意味で名付けられました。
luxeはフランス語です。
フランス語で名付けられた意味としては、
フランスでは必ず国の保証で産後の骨盤のケアが行われているため。
mamaluxeはそれを日本で可能にしようとしています。

残念ながら日本では、産後の骨盤ケアをほとんどの女性が行っていないのが現状です。
産後は身体がボロボロの状態になります。
骨盤は開き、骨盤底筋(ペリネ)にも大きなダメージを受けます。

そんな中、育児をスタートさせることで
ママ達はあらゆる痛みや、マイナートラブルに耐えながら育児をしているのです。
心身は繋がっており、身体が整っていない場合、精神面にも影響が出てきます。

その影響から産後うつ、虐待、産後の自殺などの
問題が深刻化しており少子化も
産後ケアを適切に行えてない国の現状があると考えております。

mamaluxeでは産前産後ケアを通じて
ママ達の身体を整え、より良いお産にしてもらい、
育児を良い形でスタートさせられる世界を創っていきます。

産前産後ケアを当たり前の世の中にすることで
ママ達が安心してより良い育児が出来る世界を創りたいと考えております

ママリュクスの産後ケア

出産後に多くの方が悩む、からだの悩み。「産後、体重が戻らない」「妊娠中からの腰痛」「むくみや冷え」「ジーンズが綺麗に入らなくなる(下半身の太り)」などなど。これらは出産による「骨盤のゆがみ」からくる症状なのです!
当院では、「骨盤が開いている」「お尻が大きくみえる」という見た目だけではなく、骨盤矯正を行うことにより「動きやすい身体作り」を心掛けております。
ママリュクス式骨盤矯正では、骨盤の歪みを整えた後に開いてしまった骨盤を締めていき、締める力のトレーニング(ペリネケア)をしていきます。背骨の土台がしっかりすることで、腰痛や肩こり、尿漏れや子宮脱などのマイナートラブルの解消につながります。

また、妊娠中には骨盤が開くだけではなく、肋骨も開くので肋骨の調整を行います。ウエストラインが出るのと、内臓があがるのでぽっこりお腹の解消になります。

骨盤が開いていると内臓が下垂するので、内臓を上げるように調整します。ぽっこりお腹の解消と、下半身の血流を促し下半身太りの原因を取ります。

 

妊娠前からの妊娠中の身体の変化

お腹が大きくなると重心のバランスを保つ為に、上半身を後方に反らした『反り腰』の姿勢になります。

この姿勢をとることで骨盤は前傾し、腹筋は大きく引き伸ばされ、腰~背中にかけての筋肉は収縮、緊張した状態が続き腰痛・肩こり・猫背などの原因となります。

出産後には急にお腹の重さが無くなり、身体の重心バランスが崩れやすくなります。

また、休む間もなく始まる育児(授乳・抱っこ・沐浴など)での無理な姿勢・疲労が加わり、産後の反り腰や歪みが残り妊娠前の体型に戻らない方が多く見られます。

この『反り腰』による骨盤の前傾が原因で腰の痛みが起こります。

重心を元に戻さないと、下半身太りや猫背による肩こりや腱鞘炎、腰痛の原因となりますので重心が大切だと捉えて、元の重心へと戻していきます。

妊娠中には骨盤が開くだけではなく、肋骨も開くので肋骨調整も行います。(くびれラインを出して、内臓が上がるのでぽっこりお腹の解消になります)

 

ペリネ(骨盤底筋)ケアの大切さ

妊娠中のお腹の重みや、出産により緩んでしまった骨盤底筋を鍛えていくことが大切になります。

出産時に「いきむ」という行為が骨盤底筋に大きなダメージを与えます。骨盤底筋が緩んだり、縮んで硬くなったりすると尿漏れや子宮脱などのトラブルの原因になります。

骨盤底筋を鍛えることでトラブルの原因を防ぐだけではなく、骨盤が安定するので腰痛などの痛みが軽減されたり、代謝がアップし痩せやすい身体になったりといった効果もあります。

当院では患者様一人ひとりにあったプログラムをオーダーメイドで作成し、セルフエクササイズの指導などを行います。

ペリネケアは間違ったトレーニングは逆効果になることもあるので注意が必要です。

料金

 

当院では、姿勢の専門家の骨盤ケアメソッドがギューっと詰まった「整体ショーツNEO」を販売しております。

詳しくはこちら

 

ゆうの整骨院のInstagram